So-net無料ブログ作成
検索選択
Buell S3録 ブログトップ
前の15件 | -

boonさん詣 [Buell S3録]

スギゾー君のS3引き取りお手伝いで御殿場のboonさんに行ってきました。

かなり良くなったとの事。boonさんはビューエルのアラモ砦だね。
排気音が懐かしい。しかし、やはり浮間舟渡のお店はいかんなぁ。
IMG_4109.JPG

ビューエル整備です [Buell S3録]

懐かしのビューエルS3です。エキパイ破損につき、レースマフラーに交換。

sugizo君に譲りしビューエルのエキパイが割れてしまったため交換手伝い。
付け終わって、エンジンに火を入れてみたら、懐かしの爆音ビューエル!
いやはや、もはやこの手のバイクが新車で買えないのは不幸であります。
正直、ビューエルはXB系のスポーツバイクとXL系のツーリングモデルを並売しる
メーカーとして存在してほしかった。難しいけど、外しちゃいけない所は、

『ハーレーのエンジンを積んだスポーツバイク』

と言うことだと思います。サーキットで速くなくても、峠で速い…ロマンだ!
IMG_2587_ed.jpgIMG_2589_ed.jpgIMG_2588_ed.jpg

EBR 1190RX [Buell S3録]

エリックの新型バイク1190RX登場ですが、なんかなーという感じ!

インドのHEROの傘下になった時に次に出るのは小排気量のバイクと思いきや
1190Rに改良バージョンが発売されました!残念ですがロータックスエンジンです。
考えたらBuellのアイデンティティって空冷Vtwinだよ~最近よく思う。
ハイパワーではなくバランスの良いバイクでした。無理だと思うけど、
ハーレー素材でビモータ風にエリックにはスポーツバイクを作って欲しいなぁ!
ebr1190rx-ls.jpg

正式に移譲 [Buell S3録]

BuellS3サンダーボルトは後輩のsugizou君に引き継がれました。

レンタルで出していましたが私の希望で彼に完全移譲しました。
メンテナンス項目はこちらで問答見させていただきます。
約1年5000キロ程度のお付き合いになってしまいました。
01年1月4日から12年8月22日まで11年と6ヶ月18日におよび
お世話になってきたビューエルさんともお別れすることとなりました。
M2サイクロン、XB9R、XB12R、XB12X、S3サンダーボルトときました。
V2のエンジンはハーレーロードキングに受け継がれておりまする。
また余裕が出たら考えたいと思いますが、とりあえず幕を下ろします。

ありがとうございました。またあう日まで。(2回目です)
m_buell_s3_06.jpg

エリック・ビューエル・レーシング [Buell S3録]

過去の遺物かそれとも新世代への挑戦なのか?EBRが本格的に始動!

インドヒーロー社とのコラボレートニュースからずいぶん経ちましたが、
ロータックスエンジン+XBフレームで作った1190RSをベースに
160万円ぐらいの新型を販売する方向性のようだ。

Buellは01年より今年まで12年ほどお世話になっていますが、
この新型にはどうも心が動きません。ロータックスエンジンが駄目?
それともデザインが駄目なのか?といろいろ考えて出た結論が、

『乗り続けることの不安』

でありました。いうなればサポート体制であります。
以前のビューエルはハーレーの資本下だったので実質ハーレーの
入門バイクのような感じで私も絡め取られ今ではハーレーフリークです。
空冷Vツインの気持ちよさが共通項として存在したからだと思います。
そして万全のアフターケアがありました。こういうのが安心なんですよ~
鶴岡ショックやRICEさんの野澤ショックなど立ち往生したときに発揮する
サポート体制があるから安心して走ることができると思います。
(ハーレーの場合はHOG入会が原則ですが)

erikbuell20120802.jpg

確かに良いのでしょうが、XB9Rを見たときの衝撃は無い。そして水冷に
ロータックスエンジンにはどこか異国の風を案じてしまう。合衆国ではない。
頑張って頂きたいが、インド国内そしてヒーロー専用250ccビューエルとかのほうが
バイク業界的には面白いにでは?CBR250Rやニンジャ250と戦うほうがねー

Buellの整備 [Buell S3録]

sugizou君にレンタル中のS3のメンテナンスをしてみました。

雨の中、日本橋基地に来ていただき早速作業であります。
何せ特殊なバイクですから手ほどきしながらメンテナンスを教授します。
まずはオイル交換。タンデムステップ近くにあるクリップを外しホースの栓を
抜けば黒いオイルが出てきます。オイルラインに入ってる分は抜けませんが
きっちり3クオート抜いて入れてみました。でも循環が開始されると、
すでに汚れてきました。フラッシングみたいにしたいです。640円x3缶。
プライマリーオイルはふたの部分に乳化現象がありましたが、オイルは
特に問題ない汚れ方。マフラーを外す手間がありますが二人なら簡単。
こちらは980円x1缶。あわせてもドゥカのオイル1缶分のコストで終了。

このあと、シガーソケットの配線修理。どうやらプラス・マイナスを間違えてた。
おかげで充電器を一個だめにしてしまいました・・・でも本体は無事でした。
最後に洗車してバリアスコートをかけて終了であります。
懸念のブレーキディスクは新品を調達するとして、今回はこの辺で終了。

本人も楽しくなってきたようである。まずツーリングに旅立って欲しいところですな。

S3 レンタルへ [Buell S3録]

S3のことを某SNSに書いたら意外なところから希望者がきました。

来週30日に引き取りに着ていただき3ヶ月ほどレンタルします。
彼の愛車はホンダの4気筒です。その対角線上にあるBuellS3です。
大変かもしれませんがこの夏、活躍していただきたいと思います。
s-IMG_6443.jpg

S3の光軸調整 [Buell S3録]

やっぱり12年落ちですからプラスチックは壊れるね〜

昨日のツーリングで光軸がズレていて遠くが見えないことに気付く。
H.I.Dは光拡散が強いみたいで、通常位置でも前方車両のバックミラーを
光らせてしまうのでついつい下向きに調整してしまった。難しいね。
私のS3の場合、ライトが非純正なので光軸調整はカウルを外して行います。
けっこう億劫な作業なのですが、見えない不安があるうちに深夜ですが実行。
しかし、ちょっと問題発生です。また部品が必要になりました。
ライトを支えるステーはリジットマウントではなく、ウェルナットのような
プラスチック部品が使用されていて実質ラバーマウントのようになっている。
ここがもげました。4個中、1個が既にウェルナットに交換されていたので、
脆い+絶版部品なのでしょう。とりあえず本日、ショップに発注します。
今回は直付けになりますが応急処置でクサイモノニは蓋作戦で終了です。
あわせて、やま漢君から頂戴したLEDポジションランプに換装。色調を合わせる
写真はランプと装着後の色調です。いい感じになりました。美しいねぇ。
やま漢君ありがとうございますです。

試乗し問題ないか確認。目の前に気合いの入ったBMWが最初の検体。
文句を言われることのない光軸でした。それでも上面まで照らすね〜
その分、走りやすくなること請負です。さて、また遠くに行きましょう!
120422_011824.jpg120421_234629.jpg

O2センサー交換 [Buell S3録]

久しぶりにS3ネタです。O2センサーを交換しました。

一枚目の写真は今まで着いていたもの。全身これ錆のかたまりでした。
これだけならいいのですが、Shouさんの見立てで機能していないとのこと。
以前、購入してからなんとなく付けるタイミングを逸していて今日になりました。
ストボブの時に使用した工具が今回も大活躍です。
あと、一枚目の写真に写っているプラスチックのキャップは
交換前の新品に付いていたもの。ネジ部には最初っからグリスが付いてます。
こういうところ、純正部品クオリティーなのかな?助かりました。
効果はこれから判ってくると思いますが懸念点処理はほっとします。

このあと洗車してあげました。雨のツーリングのあと、そのまま格納してたので
洗い上がると久々に黒々としたS3がでてきました。バイクを綺麗に限ります。
120408_135252.jpg120408_164822.jpg120408_164900.jpg

EBRもインド化? [Buell S3録]

エリック・ビューエル氏を久しぶりに見ました!HEROを看板にするんだね。

ハーレーと袂を分けたBUELL社がインドで復活するかもね。
HERO社はインド最大の2輪メーカーで昨年は450万台販売していた。
ホンダと26年間提携していたけど、昨年やめたところでした。
海外輸出をしたいHERO社とインド国内の販売拡大を計りたいホンダで
確執があったようです。ホンダは独自路線を引くために100%出資のインド子会社、
HMSIことホンダモーターサイクル&スクーターインディアを作って、
数年後には250万台の生産を目指しておりますね。CBR250Rも販売されました。

こんな状況でBuellですか・・・何でもアメリカのレースのスポンサードを、
HERO社が行い、スポーツバイクの生産技術をエリックが伝授するみたいである。
過去にロイヤルエンフィールドも生産したことがあるお国柄ですから、歴代の
Buell生産設備や金型をこさえて、再生産とかしちゃうんじゃないのかな?
HERO/Buellという名前のバイクができるのかな?メイド・イン・インディアで!
Hero-Motocorp_ebr_jpg_scaled600.jpg
↑Buell 1190R。いわゆるレーサー。インドで量産して1万ドルで作ってくれー

さんざん書きましたが、再生産されても買わないだろうなぁ~メリケン製がいいもん。

ベアリング修理完了! [Buell S3録]

修理完了いたしました。まったく違うハンドリングに感謝であります!

いままであったハンドル周りの不具合は間違いなくベアリングでした。
走り出してすぐに解りました。こんなに違うとは!正直ニヤニヤとしちゃう。
あいにくの雨のため三郷から自宅までの回送作業で終わってしまいましたが、
併せ技でインジェクション設定もいじっていただき、変な息つぎもなし。
いやーん、乗りやすいんだわさ~これホントに生まれ変わりました。
Shouさんからは適切なアドバイスを頂き、更なる最適化・快適化を目指します。
ガソリンも30%も多く噴射してたら燃費も良くないですよね。
O2センサーの交換、スプライン不良改善などまだまだ良くなる要素はある!

さー楽しんで前に進みましょう~きっともっといいやつになるに違いない!
120121_120829.jpg120121_120848.jpg
↑久々に駐車場に戻ってきました。       ↑トップのボルトも新品です。
DSCF0521-1.jpg
↑この角度たまらん!S3ともっと一緒に走りたいですねー

やはりグダグダ [Buell S3録]

ベアリング交換作業中の写真が送られてきました。グダグダのベアリングです。

もーねー重整備って言葉は信用しません。嘘を言うのはよしなさーいと思います。
今回の交換時にハンドル固定用のクランプボルトも壊れてました。結局ハンドルの
調整もしていない。こりゃ、フロントフォークのOHも微妙な感じであります。
ベアリングは写真の通り。終了してます。ここを清掃+交換で効果は出るはずです。
今週中にはあがってくるともいますが、今までかかった整備費用を請求したくなる。
6.jpg

でも、中古バイクに過度の品質を要求してる自分もあり、反省です。友人のshouさんの
様にベース車両と考えるようにしたいと思ってます。スロットルの調整を含め、
日曜日にどのように変化したS3に乗れるか楽しみであります!わくわくじゃぁ~

ベアリングはNTN [Buell S3録]

『For New Technology Network』、新しい技術で世界を結ぶ!のメーカーで。

帰りの新幹線でベアリングについて思いっきり勉強してしまった。歴史に始まって、
種類や目的。日本の主要メーカー等など。実に日本人がすきそうな部品であるね。
NTNの名前が『西さんの技術、丹羽さんの資本。巴商会が販売』からきていて、
社名をNTN株式会社に変更した時、For~のように変更になったとの事。

S3の最大懸念点であるネックベアリングの交換を依頼しました。お預け保育です。
合わせてフロント周りのチェックもね。ガレージにていろいろ、珈琲を頂きながら
話していたら、いろいろでるねぇ~悪いところ。いいところもあったので±ゼロだけど
改めて中古バイクって大変だな~と思いました。友人のshouさんも苦労のあとが・・・
120114_140844.jpg120114_140903.jpg

shouさんのガレージは私が理想系としている『店舗付き住宅』を使用したもの。
旧店舗部がガレージで、その横にある小さな部屋があって、ラジコン部屋っていう
男の趣味の部屋がありました!超絶うらやましいんだけどーそれも購入済みとは!
思い切りが大事ですが、見習いたいと思います~

あ、それと交通費が往路が12,000円、復路が510円でした・・・白バイに捕獲。
速度違反でしたが、2008年夏の事故以来お久しぶりの違反でしたね。

本日は修理! [Buell S3録]

来ました!ベアリング入荷情報!本日、交換してきます。

これで納車時から気になっていた部分は修正完了であります。
とりあえず明日午後から三郷方面にいってきやーす!
修理も楽しいS3!ちょうど干支一回りの12年落ちです!まずは初期化!

ロードスマートⅡに換装! [Buell S3録]

緊急課題のタイヤ交換はロードスマートⅡにしました。価格で決めちゃった!

この三が日にタイヤ交換できるお店をぐるぐるしてみました。まず2りんかん。
年内に気付いていれば寺田君のところで換えてもらったが近場の一之江店に行く。
2りんかんはH-DとBuellの消耗品交換に積極的なのでね。しかし在庫が無くダメ。
次にディーラー。毎年年2回あるキャンペーン自体まだ未定ということでした。
安心なんですよね、ディーラーでの交換。今回は急ぐのでパスですね。
お次はレーシングワールド。ここも在庫なし。170/60R17って特殊サイズのようです(涙)
そして最後に諦め感じでライコランド有明に。タイヤ在庫量は多いので来たい大ですが、

希望はピレリ・エンジェルST、メッツラーZ8、ダンロップ・ロードスマートⅡの3種類です。
ピレリ、メッツラーなら45000円までOK、ダンロップなら40000円が目安です。
すると店内に新春初売りセール品の中に、S3のタイヤサイズにぴったりのものがあった!
セット内容は、タイヤ代、バルブ代、交換工賃、処分費、窒素充填費コミコミで39800円!
これに外国産バイクは+1050円となり、40850円という価格でおさまりました。予算どおり!
s-DSCF0415.jpg
↑交換作業中。やっぱり気になるので作業スペースが見られるところでステイしてました。

16時半から作業スタート。リヤ、フロントとも悪戦苦闘してました。申し訳ない。
お店の人も明るく対応していただいたのが良かったです。+1050円でも安いぐらい。
時間と貯まったポイントがあるので膝パットを購入。10%offも効き追い金630円です。
2000円分付きましたからタイヤ交換は実質4万円きり!ん~幸せですよ~ホントに。
18時半に終了です。作業の人から『リヤのバランスが取れないんです』とコメント。
ハーレー系のシャフトにあう治具はありません。この辺は覚えておきましょう。

s-DSCF0412.jpgs-DSCF0428.jpg
↑ロードスマートⅡにしました。           ↑ポイントで商品券ゲット、これ購入。

ロードインプレッションは今度のツーリングの時に書きますが、減ったタイヤの溝が
増えましたので足付き性が悪化してます(笑) あとネックベアリングが余計気になる。
この辺が直ればタイヤの性格と相まって良きツーリングバイクになるでしょうね。
s-DSCF0424.jpgs-DSCF0417.jpg
↑タイヤがちゃんとタイヤのカタチ          ↑溝がしっかりあります!
前の15件 | - Buell S3録 ブログトップ